読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

吉田川本流 アマゴ バラシが多くて釣れたのは1尾だった 2014年6月14日

昨シーズンも何度か通ったポイントへ朝一でむかう。

わりと簡単に入渓できる場所ですが、今回は少しヒヤッとしました。

降りるときに必ず手を掛ける木があるんですが、掛ける場所が悪かったみたいです。

根っこ付近のコブを指でつかんで体重を掛け始めると"ぽろっ”って感じの音がしてコブが取れてしまいました。

幸いにも残りの手と足をしっかり固定していたので転落は回避することが出来ました。

落ちていたら.........多分.........相当痛かったでしょう。骨折してたかも知れません。

その後、無事に川にたどり着いたので下流から上流へと釣行開始です。

今回も自作のハンドメイドルアーを中心に使用します。

フラットボディタイプのルアーはバックのカラーが見やすいオレンジということもあり今年のお気に入りルアーです。

さっそく、流れの中にルアーを投じ、トゥイッチします。すぐに反応があり、1尾目には以外に簡単に出会うことが出来ました。今回もとてもキレイなアマゴです。透明感のある魚体が魅力的です。

f:id:remember_the_trout:20140614052103j:plain

20センチくらいのアマゴでしょうか。

僕の作ったランディングネットは内径が30センチあるので魚が小さく見えるのがたまに傷です。25センチくらいのシブいランディングネットが欲しいです。

その後はバラシを3連発してしまい、ノーフィッシュに終わりました。

しかもアマゴ2尾のうち1尾は25センチ以上はあったと思います。逃がした魚は時間とともに大きくなるものです。

チェイスはあるのにバイトに至らない状態が多かったです。

釣れる気配がしなくなってきたので、吉田川の支流へ移動することにしました。