読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

ハンドメイドルアー 2015年モデルLOT.5~8

ハンドメイドルアー・ミノー

ハンドメイドルアーの製作は今年で4シーズン目になる。

忙しさを理由に毎年手抜き作業、いいものが出来ていなかった。

今年は手を抜かず、職人魂を注いでいる。

その甲斐あってか、例年よりはいいものが出来そうだ。

現在の進捗状況について、

今回撮影した5~8号は色止めまで完了。

f:id:remember_the_trout:20150214041638j:plain

ボディラインも気に入っている。

f:id:remember_the_trout:20150214042151j:plain

んだけアップしてもそんなにアラが目立たない。

f:id:remember_the_trout:20150214043000j:plain

この後の仕上げディッピングで色が流れなければ合格。

実は1~4号は少し色が流れてしまった。あと背中の黒点と側面の朱点が大きすぎていまいちの出来栄えだったのだ。

しかしながら1~4号についてはスイムテスト済みで、納得の泳ぎを見せてくれた。

スローリトリーブでもしっかり泳ぎ、ファストリトリーブでも飛び出ず傾かない。

トゥイッチの時の乱れぐあいは自分好みでキレが抜群。

そして視認性の良いカラー。(それでいて上品に仕上がるようカラーバリエーションを研究中。)

2014年モデルの反省を相当活かせたと感じる。

しかし!やはり、50mm3.8gはあくまでもサーフェス向き。

淵などで段階的に深場へアプローチするには限界がある。

そこで1~4号に板オモリを装着し4.4g程度にチューンして再度スイムテスト。

0.6gの違いは大きい。早く沈む。そして なんと!!!

重くしても動きはそんなに変わらない!!!!!

と、いうことで2015年モデル製造計画を見直すことにした。

とりあえず現在の予定。今年のミノーは1~16号までが3.8g程度のスローシンキング。

17~24号は4.4g程度のファストシンキングを作る。

去年までのミノーは出来がイマイチで、あまり人には見せないようにしていた。

だけど今年こそは釣友N氏に使ってもらえそうなルアーを作り上げたい。

N氏は4g以上のファストシンキングミノーをメインで使用しているので4.4gモデルも4月中には完成させたいと思っている。

そろそろ渓流解禁で早く釣りに行きたいが、5月以降のハイシーズンに向けて4月いっぱいまではなるべくルアー製作に集中したい.。.......けど

多分、釣りに行っちゃうんだろうな~