読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

ビッグトラウトに完全敗北

イワナ サツキマス

7月4日(土曜)
本流アマゴ狙いのつづき。

その後、目につくポイントをしらみつぶしにさぐっていった。
どのポイントもチェイスすらない。
先行者の影響?ルアーにすれてる?腕?
とにかく、反応がない。

しかし、竿をしまったら絶対に何も釣れない。
諦めずに、ポイントを点々とした。

やがて、流れが複数に別れて集約する、スケールの大きな落ち込みにたどり着いた。
落ち込みから、白泡がたち、太い流れになる大場所だ。
下流から上流へと歩きながら、クロス気味にミノーを泳がせてゆく。やはり反応がない。点在する沈み岩からも魚が出て来ない。
そして、反応がないまま落ち込みまできた。
ここでの使用ルアーはシュガーミノーSG80Fだ。
複数の落ち込みの間の緩い流れにルアーを投じ、一番手前の流芯をダウン気味に通過させる。
流芯の流れが強すぎて、通過じにズゴンとロッドがしなる。
同じ辺にルアーを投じ、もう一度流芯を通過させる。通過時にズゴンとロッドがしなる。???しなったままだ。
グングン、クンクンと引いている。
かなりの激流で何かが食らい付いた!
サツキマス
しかし、力強く潜るよに走ったりする。
イワナか?
手前の反転流の奥には大岩があり、その向こうは激流だ。その魚は、大岩の向こう側にもぐって行く。
岩にラインがこすれている。
なんとか、こっち側に引きずり出さなければ!
必死にロッドを立てながら、魚を引っ張り出す。
なんとか、引っ張り出した魚体は推定45cm。
少し黄色くはあったが、鱒系統のさかなである。
やはり、イワナか!
それとも婚姻色の出始めたサツキマスか!
岩のこっち側には来たが、今度は手前の反転流の流れにのって、抵抗を始めた。
その先には、落ち込みからの激流。
なんとしても、激流に引き込まれないように、耐えること数秒。
プツン
ロッドがかるくなった。
しばらく放心状態だったが、いつものようにくやしさが込み上げてきた。
あっけない最後だった。

ラインを6lb交換してなければ強引にランディングできたのでは?
いや、ラインが強くても最後の抵抗に強引な引き寄せをしたら口切れするのでは?
岩にラインをこすらせながらも岩の下流側まで誘導すればよかったのでは?
いろいろと考えてしまう。
が、いずれにしても、いつものPE0.8号12lb、リーダーにナイロン10lbか8lbのほうが可能性はあっただろう。

今度は必ずやランディングしたい。

その後、
長良川本流から吉田川へ移動した。