読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

2016年初釣行 最初の出会いは尺上イワナ

2016年は暖冬のせいで、山奥でも雪は非常に少なかった。

例年なら残雪が1m以上あるような場所でも数十センチに満たないほどだ。

カンジキが必用になったのは目的地までわずか200m程度手前からだった。

ほとんどのポイントで反応は乏しい状況だったが、ここぞというポイントで反応がみられた。

特に大型のイワナほど反応が良く、早巻きハードトゥイッチに獰猛に飛びついてきた。

最初の出会いはまさかの尺上イワナとなり、その他にも同サイズのチェイスが2回あった。やはり、この時期のイワナはよく肥えてお腹がプニプニだった。

季節が進み釣り人の立ち入りが増えると、貴重な大型イワナも捕獲され減っていくのだろうか。それとも賢く生き残っていくのだろうか。

この尺上イワナはリリースすると、しばらく周辺をウロウロした後、

1段下の落ち込み付近に消えていった。

f:id:remember_the_trout:20160305113426j:plain

f:id:remember_the_trout:20160305143453j:plain

f:id:remember_the_trout:20160305091118j:plain

f:id:remember_the_trout:20160305122303j:plain

f:id:remember_the_trout:20160305130048j:plain