リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

2016年8月20日 木曽の谷でヤマトイワナに出会う

今日は久しぶりのイワナ釣りだ。
釣友のO氏と木曽の谷へヤマトイワナを探しにいった。
車止めから歩くこと90分。
時折見える渓を流れる水は、透明そのもの。やや深みのある淵では鮮やかなエメラルドグリーン。来て良かったと思うと同時に、早く釣りたいと期待の膨らむ道中だった。
そして、ようやく入渓点に到着。汗をぬぐいタックルの準備を始めた。
釣りを始めるとすぐに何尾かのチェイスがあった。
しかし、少しヤル気がない感じ。
なかなか掛けられないまま時間が過ぎて行く。
釣り始めから、2時間くらいで釣友O氏のロッドが曲がる。
うらやましい。7寸ほどのイワナだ。
あせる気持ちを押さえながら、釣りを続ける。
数々のチャンスをのがしたものの、ようやくヤル気のある良型を発見。ミノーに果敢にアタックしてくるがうまくかからない。ルアーのスピードや通す筋をかえてみる。そして5投目くらいでようやく、ヒット。
久々に尺イワナに出会うことが出来た。
模様を確認してると、体側に朱点があり、背中にも白点はない。幸運なことに純血と言っていいくらいのヤマトイワナだった。
ヤマトイワナ探し成功だ。
尺のヤマトイワナをリリースし、釣りを続ける。
その後は、二人ともバラシのみでランディングはできなかったが、有意義な時間を過ごす事ができた。
しばしの休憩後、退渓し林道をくだってゆく。
2時間の道中、時折見える流れには悠々と泳ぐイワナが見える。ヒットこそ少なかったが魚影は濃かった。この魚影がたもたれる事を心から願う。
f:id:remember_the_trout:20160820103530j:plain
f:id:remember_the_trout:20160820103543j:plain
f:id:remember_the_trout:20160820103024j:plain
f:id:remember_the_trout:20160820105441j:plain
渓流釣りを始めて約10年。毎年行く川も何本かあるが、どの川も魚影が薄くなっている気がする。
魚影が薄くなる要因の1つは環境の変化だ。僕がよく行く長良川水系の渓流では、集中豪雨による土砂崩れで淵や深みが減っている。深みがないと、数も減るし型も悪くなる。
そして、人為的要因も考えられる。
釣りビジョンのとある番組で学者さんが言っていた。「大きいのと小さいのを大切にリリースすると、そうゆう川では魚も増えるし、型も良くなる」と。まだ、研究中のようだが間違いないらしい。
僕はここ数年、支流でのイワナとアマゴのキープはしていない。キープに反対はしないけど、なるべくリリースした方が、いい魚にたくさん出会えると以前から考えていたからだ。その番組をみてからは、もし支流でアマゴやイワナをキープするなら18センチから23センチくらいの魚にしようと決めている。
イワナに関しては、その川の固有種と思われるような個体のキープは避けたい。非常に数が少なく貴重だからだ。
岐阜市内などで釣れるサツキマスに関して、自分は30センチ以上は食べている。しかし、サツキマスも出来るだけリリースした方が繁殖には良いだろう。1シーズンに釣れない年もあるが、1シーズンにキープは1本としそれ以降はリリースするかだ。
私の希望は、なるべく自然に近い状態で渓流魚が繁殖し、天然のキレイな渓流魚がたくさん釣れる川が増えることだ。