読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

2016年9月2日 初めての飛騨イワナ

今日は代休。平日に釣りに行くのは何年ぶりだろう。
今日は少し遠征して新しい川を開拓予定だ。
でも、その前に久々に吉田川アマゴの顔が見てみたい。今年は全然時間が作れなくて、吉田川に行くのも例年の半分以下だ。気になるポイントを3箇所ほど
チェックしてみる。
すると、型は小さいけど数尾のアマゴに出会うことが出来た。宝石のような魚に会えて、幸せを感じることができた。
f:id:remember_the_trout:20160902072313j:plain
f:id:remember_the_trout:20160902072335j:plain
f:id:remember_the_trout:20160902084900j:plain
アマゴは本当にキレイだ。

さて、お次は飛騨をめざしせせらぎ街道を北上。
清見から小鳥川へ向かう。
国道から渓相を確認してみる。
チャラ瀬が多いように感じるが、時々大岩などで構成された奥行きのある渓相が確認できる。
しかし、川への降り方も難しそうだったのでダム付近の支流に入ることにした。
この支流も一見チャラ瀬が多く見えたが、遡行してみると中々の渓相が点在していた。
f:id:remember_the_trout:20160902162802j:plain
ヤル気のないチェイスに少々苦戦したが、数尾のイワナ達に出会うことができた。
f:id:remember_the_trout:20160902133257j:plain
比較的、魚影は濃かったので状況が良ければ数も型は期待できそうだ。また機会があれば来てみたい。
何よりも飛騨まで来て良かったのは、森の雰囲気だった。雑木中心の森には、カエデやナラの木が自生していた。
f:id:remember_the_trout:20160902163513j:plain
風にそよぐ枝葉の隙間からの木漏れ日が、とても気持ち良かった。