読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

吉田川支流 尺上イワナに出会ってしまった 2014年6月14日

ハンドメイドルアー・ミノー イワナ アマゴ

吉田川の次はその支流というのは、よくあるパターンの1つです。

本流は日が昇るとけっこう暑くなるので谷に行くと幾分すずしいものです。

キレイなアマゴに出会いたかったので下流域に入渓しました。

しかし、ここでもバラシ連発です。

なぜ、こんなにバレルのか.......ほんとにハテナです。

バイトが浅いのか合わせが弱いのか........

あまり落ち込まずにポジティブに釣りあがります。

とは言うものの、ここぞというポイントはしゃがんでアプローチするほど慎重になっていました。

そしてここぞというポイントでキレイなアマゴにようやく出会えました。

この魚もまた透明感のある魚体です。しかも、なんだかカワイイ顔をしていたのでアップで写真撮影してみました。

f:id:remember_the_trout:20140614091637j:plain

写真が上下逆さまになってしまいますが透明感は伝わったかな。

これも20センチちょいあったと思いますがネットが大きいから(大きすぎて写ってない)小さく見えちゃいます。

f:id:remember_the_trout:20140614091647j:plain

写真が左に90度回転してしまうので顔を左に90度傾けて写真をご覧ください。そのほうがカワイくみえると思います。

そして何度かバラシを連発し、お気に入りのハンドメイドルアーをロストし、泣きそうになってうなだれた後、奇跡の出会いがまっておりました。

「ここが最後のポイントやな」と独り言をつぶやき、その淵へとやってきました。

最初の一投目で数尾のチェイスがありましたが、2投目からは全く反応なし。何度投げても反応なし。これは絶対釣れないパターンに違いないと確信しました。

そこで、まだ使った事のなかった自作フラットボディミノーのセミロングリップを結び、スイムテストすることにして.........キャスト。

キャストが下手な僕にしては珍しく爽快なキャストがきまり、ルアーはさっきまで届いていなかった白泡の始まりの辺りまでぶっ飛びました。

波にのまれて根がかりしないようにすぐにリーリングを開始。するとなにやら重~い手ごたえが!!!!!木の枝かな?あんまり動かないぞ!なんか動いてる!ほんとに動いてる?それにしても重いなー。と手元まできたら、なんと大物イワナではありませんか!!大物は走り始めると危険です。少し大きめのランディングネットですばやくランディング。

ランディングネットの内径30cmよりも3~4センチは長い魚体。渓流イワナのレコード更新だ。

せっかくの尺上です。いろんな角度から、いろんな写真を撮りたかったんですが、下の写真を撮った直後に元気よく脱走しました。サイズのわかりにくいショットですが存在感はきっと伝わると思います。

f:id:remember_the_trout:20140614112223j:plain

ようやく大き目のランディングネットが活躍しました。

自作のハンドメイドミノーは今回も大活躍でした。くやしいのは、もう少し納得いくまで写真撮影がしたかったことです。