リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

太田切川支流......ルアーフィッシング2013年8月24日 イワナ......

前日から 本州は広い範囲で猛烈な降雨にみまわれた。

高速道路から数本の谷が見えたが 見事に濁流.......

駒ヶ根SAで合流した釣友も頭をかしげていた。

「今日は釣りが出来れば良しとしよう」と冗談をかわし

釣友の案内のもと太田切川支流の黒川の状況を確かめることになった。

ICから数分車を走らせ 黒川に付くと 嘘のようにクリアな清流が見えた。

釣りが出来れば良いどころか、大物の出そうな好条件であった。

先行者もあったようで反応はいまいちだったが

高巻きの必要な大堰堤をひとつ越えると状況は一変した。

ほぼ全てのポイントでチェイスがあるほどの魚影、

7寸から9寸のたくさんのイワナに出会うことができた。f:id:remember_the_trout:20130824104750j:plain

f:id:remember_the_trout:20130824105038j:plain

 

黒川は遡行するうちに渓相がおおきく変化する川で

途中、数メートルの白い大岩がごろごろする区間が印象的だった。

あと数箇所に点在する大堰堤は、高巻きに数十分を要するほどで相当の登山技術が必要だった。

しかし今回 楽しい釣りができたのも

駒ヶ根周辺の河川にくわしく、登山経験豊富な釣友のおかげであった。