読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リメンバー・ザ・トラウト

渓流ルアーフィッシング アマゴ・ヤマメ・イワナ・サツキマスとの出会い

今年の初イワナは自作のハンドメイドルアーで釣れました

平成26年2月23日、源流初釣行にいってきました。

郡上でも減流域にはたくさんの残雪があります。

足跡のない雪道を歩きます。

息が切れる前にこまめに休憩。

f:id:remember_the_trout:20140223135831j:plain

通い慣れた渓流なので、簡単に降りれる淵を狙い撃ちしていきます。

今日はフラットボディのミノーを中心に使います。

ヒラウチの強いルアーなので深いところの魚にもアピールします。

最初の淵、とりあえず表層から。

リーリングはゆっくり目、トゥイッチは小刻みにルアーを引いてくるが

反応なし。

1mくらい沈めてから同じように引いてくるが、

反応なし。

1mくらい沈めてからリーリングをさらにゆっくりにして、

トゥイッチというよりは、断続的なジャークでルアーを引いてみる、

コツっと小さい当たりの後、第一号のイワナがかかりました。

やっぱり冬はゆっくり目がいいのかな?

その後も同じ淵でもう一匹かかりました。

この淵では、朱点が多く薄い体色のキレイなイワナが釣れました。

f:id:remember_the_trout:20140223123317j:plain

他の淵で釣れるイワナは黒かったです。

主に同じパターンで何匹か釣れて、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

自分で作ったルアーが、まさかの大活躍でした。

写真が下手くそですが何匹か紹介します。

f:id:remember_the_trout:20140223143607j:plain

f:id:remember_the_trout:20140223143811j:plain

ネットが30cmなので27cmくらいでしょうか。

この時期のイワナはコンディションがよく、みんな腹がプニプニしてる気がします。

さわると気持ちいいです。

帰りの事も考えて正午ごろには竿仕舞いすることにしました。

そして、いつものようにイワナ達に

「大きくなったらまた会おう」と別れを告げて源流をあとにしました。